「1月16日 チャレンジJ1 優勝 トリニータ募金贈呈式」

「1月16日 すがお保育園慰問」

「1月22日 豊後大野市老人クラブ」
 毎年、この時期に利用者と一緒に交流を深めています。
 来寮してくれた園児は、4.5才児25名で、楽器演奏・おゆうぎ・
合唱などを一生懸命に披露してくれました。
 おゆうぎでは、女の子はチャイナ服に男の子は袴姿にと、工夫
を凝らした衣装は先生方の手作りとの事で、とても感心させられ
ました。
 日頃、子供達との触れ合いが少ない利用者は「かわいいなー」
との声が多く聞かれました。
 一時間程の交流でしたが、気分の和んだ一時を過ごせたと満
足そうでした。

「1月2日 初詣・初買」
 毎年、1月2日には内山観音(蓮城寺)へ出掛けています。 
 お賽銭を入れて、何をお願いしたのでしょう?
 また、参拝後に恒例となっている、買い物に町内のトキハへ希望者のみ立ち寄りました。
 自分で好きな品物を選ぶ時の顔は満足に浸った表情で、それぞれが自分の荷物を持って
気持ちよく帰寮しました。
 豊後大野市老人クラブの代表者3名の方が、市社協の職員さんと一緒に、みかんの
寄贈に来寮してくれました。
 利用者を代表して自冶会役員がみかん3箱受け取りました。 
 早速、食卓にみかんを付けて、感謝をしながら「甘くて美味しい」と食べていました。

 大分フットボールクラブ(大分トリニータ)の支援活動してい
る、市内の葬儀社(三豊会館)の荘田社長より一円玉募金協
力の依頼を受けて、昨年10月1日より1月16日まで、利用者
と職員等で集めた募金を利用者が代表して荘田氏へ贈呈し
ました。
光明寮ダイアリー
1月
2008年